NISAの1年の購入額であまった枠は繰り越し?

NISA口座に与えられる非課税枠を有効活用する手段はあるのでしょうか?

 

NISAの非課税枠とは?

 

NISAの非課税枠は、1年間で100万円までと決められています。非課税枠の対象は、新規に国内株式や海外株式、投資信託などの購入で、購入したものについては、譲渡益や配当金、分配金などで得られた利益に対する税金が5年間に渡って非課税となります。

 

購入した年と同じ年に売却した場合、非課税枠は復活するの?

 

NISAで購入した国内株式や海外株式、投資信託をいつ売却するかは、本人の自由です。5年間の非課税対象期間の中で売却することもできますし、5年後に改めてその時の非課税枠を使ってロールオーバーすることもできますし、特定口座など課税対象となる口座へ移管することもできます。

 

NISAでは、非課税枠で購入した商品をいつ売却しても問題ありません。もちろん、購入した年と同じ年に売却することもできますし、いわゆるスイングトレードやデイトレードのように、数日や数時間しか保有しなかったとしてもOKです。

 

ある年に100万円分をNISAの非課税対象として購入して、同じ年に売却した場合、NISAの非課税枠はどうなるのでしょうか? 売却とともに、非課税枠も復活するのでしょうか?

 

残念ながら、NISAの非課税枠は、最初の商品の購入とともに減っていきます。その商品を売却したとしても、非課税枠が増えたり、復活したりすることはありません。

 

NISAの非課税枠は次年度に繰り越すことができるの?

 

NISAの非課税枠は1年間で100万円までと決められていますが、100万円をきっちり使い切ることは、結構難しいものです。特に、株式投資などは、株式を売買できる最小単位が決まっています。例えば、1000株単位で売られている株式で100万円きっちり使い切るためには、株価がちょうど1000円のものを1000株、500円のものを2000株、250円のものを4000株、200円のものを5000株、100円のものを1万株、・・・などと限られた株価でないと無理です。

 

では、使い切れずに余った非課税枠はどうなるのでしょうか? 例えば、ある年に非課税枠として96万円の商品を購入した場合、余った4万円の非課税枠を来年に繰り越して、翌年は104万円の非課税枠が与えられるのでしょうか?

 

残念ながら、NISAでは非課税枠を次年度に繰り越すことはできません。前述の例では、非課税枠が4万円分余っていたとしても、翌年の非課税枠は変わらず100万円という事になります。

 

NISAの非課税枠の100万円を使い切るには、投資信託などで口数指定ではなく、金額指定が可能な商品を購入するなどの方法が考えられます。しかし、100万円の非課税枠を使い切ることにこだわるのではなく、利益が一番得られそうな商品を購入する方がお勧めです。

NISAで選ぶなら!証券会社人気ランキングBEST3