NISAの口座を開設できる条件はありますか?

また、どのくらいの期間が必要ですか?口座申し込みの期限もあるのですか?

 

NISA口座の開設の条件とは?

 

NISA口座の条件とは、開設しようとする年の1月1日において20歳以上の日本の居住者等であることです。

 

一般の株式口座の中には、親権者の同意があれば口座の開設が可能なものもありますが、NISAでは親の同意があったとしても、口座を開設することはできません。

 

また、申し込み時点で20歳以上ではないことにも、注意が必要です。例えば、2014年のある時点でNISA口座の開設に申し込みができるのは、2014年1月1日の時点で20歳以上となっている必要があります。つまり、1994年1月2日以前に生まれた人が対象です。それ以降の1994年生まれの人は、2015年1月1日まで口座開設をすることはできません。

 

日本の居住者等とは、日本に住んでいる居住者と、日本国内に恒久的施設を保有している非居住者を指します。非居住者の場合には、日本国内に住宅や事業所などを所持していなければなりません。また、日本人でなければならないという制限はありません。

 

NISA口座を開設するには、どのくらいの期間がかかるの?

 

NISA口座を開設するためには、一般の取引益が課税対象となる口座を開設する必要があります。これは、NISA口座で5年以上株式などを保有するときに、移管できる口座が必要であるためです。

 

一般の口座の開設は、インターネットなどで申し込んでから数日から1週間程度で可能です。一般の口座が開設できた後に、NISA口座の申し込みを行います。NISA口座の開設は、一般の口座の開設よりも時間がかかります。これは、複数のNISA口座を持つことにならないか、税務署が審査を行うための時間が必要になるためです。証券会社にもよりますが、NISA口座の開設には1ヶ月〜1ヶ月半程度必要となることが多いようです。

 

NISA口座の申し込みに期限はあるの?

 

NISAでは、毎年100万円ずつの非課税枠が与えられます。2014年取引分として、その100万円の枠を利用するには、2014年の年末までに取引が完了する必要があることはもちろんですが、もう一つ重要な期限があります。NISA口座を開設するためには、税務署で審査を受ける必要がありますが、2014年分の非課税枠を使うためには、2014年9月30日までに税務署の手続きが完了している必要があります。従って、NISA口座の開設に4〜6週間が必要であることを考慮すると、2014年8月中旬までにNISA口座の申し込みを行うことをお勧めします。

 

また、現行の制度では、NISA口座では2023年の取引分までしか非課税枠を与えられません。従って、2023年の8月中旬までにNISA口座を申込まないと、NISAの恩恵を受けることはできません。

NISAで選ぶなら!証券会社人気ランキングBEST3