NISAでは、確定申告がいらないって本当ですか?

NISAは、確定申告では、どのような扱いになるのでしょうか?

 

確定申告とは?

 

確定申告では、1年間の収入や収入を得るために必要な経費、医療費や住宅ローンなどに対する控除などから、課税対象となる所得を決定し、所定の税金を支払ったり、還付金を受け取ったりするための仕組みです。

 

サラリーマンなどの給与所得者の場合には、給与の年間収入が2000万円以内であれば、控除などの申告がなければ、基本的には確定申告をする必要がありません。しかし、給与所得や退職所得以外で20万円を超える所得がある場合には、確定申告を行う必要があります。

 

株式やFXなどで投資を行って得られた利益は、給与所得や退職所得以外の所得となりますので、それらの合計が20万円を超えた場合にも、確定申告を行う必要があります。ただし、株式取引などでは、取引を行う口座として特定口座(源泉徴収あり)を選択した場合には、取引で利益が出るごとに、利益の中から税金分が自動的に差し引かれますので、確定申告を行う必要はありません。

 

株式投資の場合には、利益を申告する以外でも確定申告の使い道があります。例えば、複数の証券会社での株式取引について、ある口座では利益が出たり、ある口座では損失がでたりした場合に、損益を通算して、利益が出た口座で払い過ぎた税金を還付してもらうことができます。また、ある年の株式取引の損失を確定申告で報告しておくと、3年間にわたって株式取引の利益に対して、過去の損失分を差し引く繰越控除という措置をとることも可能です。

 

NISAでは、確定申告がいらないの?

 

では、NISAで得られた利益や損失に対しては、確定申告を行う必要があったり、確定申告を行えば有利になったりすることはあるのでしょうか?

 

NISA口座で得られる利益については、基本的には非課税になりますので、改めて確定申告を行う必要はありません。また、NISA口座で投資を行った結果として、1年間で損失が出た場合、他の所得の利益と相殺する損益通算を行うことはできませんので、確定申告を行う必要はありません。さらに、NISA口座で出た損失を翌年以降に持ち越す繰越控除も行うことができませんので、確定申告を行う必要はありません。

 

NISA関連で確定申告が必要な場合とは?

 

ただし、NISA口座で株式投資を行っている場合、配当金には注意が必要です。保有している株式から得られる配当金については、配当金の受取方法として株式数比例配分方式を選択している場合には、配当金がNISA口座に入金され非課税となりますが、配当金受領証方式や登録配当金受領口座方式を選択していて、配当金を郵便局や銀行口座で受け取った場合には、課税対象となります。

 

その場合、サラリーマンは配当金を含めたその他が20万円を超えなければ、確定申告は不要ですが、20万円を超えている場合には、NISA口座の株式に配当金も申告しなければなりません。個人事業主の場合には、一般的に確定申告を行うことが必須なので、配当金の申告も必要となります。

NISAで選ぶなら!証券会社人気ランキングBEST3