NISAに期限があるって本当ですか?

NISAには2種類の期限があります。それらの期限について、ご説明します。

 

NISA自身の期限とは?

 

現状では、NISAそのものは有期の制度となっています。新たにNISA口座を開設できる期間を勘定設定期間といいますが、勘定設定期間は、下記の3期間に分かれています。

 

・2014年1月1日〜2017年12月31日の4年間
・2018年1月1日〜2021年12月31日の4年間
・2022年1月1日〜2023年12月31日の2年間

 

ちなみに、同一勘定設定期間の間は複数のNISA口座を開設することはできません。口座を開設した年から2023年までは、年間100万円の非課税枠が与えられます。

 

しかし、2024年になると、NISA口座を開設することもできませんし、非課税枠も与えられなくなります。ただし、住宅ローン減税や証券優遇税制など、これまでの様々な税制優遇策を見てみると、景気の回復が思わしくない場合には、延長を何度も繰り返しているケースがあります。NISA自身の期限も景気の回復状態などによっては延長される可能性はあるかもしれません。

 

NISAで非課税となる期限とは?

 

また、NISAで投資を行う際、年間100万円ずつの非課税枠が与えられますが、非課税となる期間にも制限があります。NISAでは、購入した年から5年後の年末までに得られる譲渡益や配当益が非課税の対象となります。5年を超えると、特定口座などの一般的な口座へ移管され、その後の利益については課税対象となります。

 

前述の通り、2023年12月末までがNISAの非課税枠100万円が設定される期間ですから、2023年の年末に購入した株式や投信などは、そこから5年後の2028年の年末まで非課税の対象とすることができます。

 

NISAの元となっているイギリスのISAでは、非課税となる期間は設定されておらず、無期限となっています。また、累積投資額に対する制限もありません。NISAでは非課税期間が設定されているため、事実上5年ごとに一旦精算することとなり、事実上強制的に利益確定や損切りを行わなければなりません。

 

NISAの期限によって複利の恩恵が少なくなるの?

 

非課税期間が5年間と設定されているため、複利によるメリットが受けにくくなっています。例えば、毎年安定して20%ずつ上がり続ける株式があり、ある年にその年の非課税枠を使って、100万円を投資したと仮定します。仮に、10年間投資できると仮定すると100万円×(1.2の10乗)で約620万円になるはずです。

 

しかし、NISAでは非課税が最長5年間という期限があるため、5年後に約249万円になった時点で、一般の口座に移管するか、改めてNISAでロールオーバーするしかありません。一般の口座では、そのまま複利運用が可能ですが、その間の利益である約371万円に対して74万円程度の税金がかかります。そのままNISAでロールオーバーする場合には、100万円分しか投資できないので、複利運用ができません。

NISAで選ぶなら!証券会社人気ランキングBEST3