NISAは課税口座に比べ損益通算や繰越控除できないと?

NISAでは、損益通算や繰越控除ができませんが、どのような問題があるのでしょうか?

 

NISAでは、損益通算ができないの?

 

損益通算とは、ある行為で得られた利益と、別の行為で得られた損失をトータルして、それでも利益があった場合に課税される仕組みをいいます。

 

例えば、株式の売買で1年間に100万円の利益を得たとします。一方、投信への投資では、逆に20万円の損失が出たと仮定します。その場合、利益と損失を通算して、100万円−20万円=80万円が最終的な利益だとみなします。株式の利益である100万円に対して課税されるよりも、損益通算後の80万円に対して課税されたほうが、納める税金も少なくすみます。

 

しかし、どのような利益や損失でも通算できるわけではありません。例えば、株式とFXの損益を通算することは現行の制度ではできません。株式で得られた利益は譲渡所得となりますが、FXで得られた利益は雑所得となり、所得のカテゴリーが違うため、損益通算できません。なお、株式とFXについては、損益通算を可能にするよう、制度の変更が計画されています。

 

同様に、NISAと他の所得の損益通算もできません。例えば、一般の株式口座で100万円の利益があり、NISAで20万円の損失がある場合、株式による所得の100万円に対して、そのまま課税されることになります。

 

NISAでは、繰越控除ができないの?

 

前述の損益通算とは、1年間の間にNISAとNISA以外で得られた利益や損失が通算できるか、という問題でした。繰越控除とは、複数年におよぶNISA取引で発生した利益や損失が通算できないか、という問題です。

 

一般に、株式取引などには、繰越控除という制度があります。これは、ある年の株式投資結果が損失だった場合、その損失を確定申告しておくと、その年以降3年間は、株式投資で得られた利益から、申告したマイナス分を減らしてもよい、という制度です。

 

つまり、ある年の株式投資結果が40万円の損失だったとします。この損失自体には税金はかかりませんが、この損失を確定申告しておきます。翌年の投資結果が100万円の利益だった場合、100万円に対して課税するのではなく、前年の損失が繰越控除され、100万円−40万円=60万円となり、60万円に対して課税されることになります。

 

残念ながら、NISAでは、繰越控除を行うことができません。なぜなら、NISAでは非課税枠内では、もともと利益に対して課税されないという仕組みだからです。ですから、繰越控除がないこと自体は、NISAにとっては利益でも不利益でもありません。

NISAで選ぶなら!証券会社人気ランキングBEST3